どうしても痩せたいなら肥満外来がベスト!

医者

体のあちこちが不調な理由

病棟

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることにより、体の様々な部分にダメージが出る状態をさします。自律神経失調症かもしれないという時は、まず心療内科を受診して、自分の症状に合った薬を処方してもらいましょう。また女性の場合は、ホルモンバランスの乱れも原因となり、更年期に起こる率が高くなります。

詳細

病院で相談しましょう

カウンセリング

糖尿病などの悪化によって慢性腎不全と診断された方は透析治療が必要となります。透析治療は定期的に行う必要があるので精神的負担の大きい治療でもあります。そのため世田谷区の内科では透析治療を受ける方が安心して治療を継続することができるように多角的なサポートを行っています。

詳細

リンパ節の転移と症状

女性

十二指腸がんはステージごとに生存率がありますが、リンパ節に転移するステージ3になると生存率が極めて低くなります。ただし、転移する可能性は3%から5%と非常に確率が少ないです。早期に発見して治療しましょう。症状としては体重の減少と満腹感と吐血などがあります。

詳細

肥満は病院で治す

先生

ダイエットしても痩せない

東京には複数の肥満外来の病院があります。東京にある肥満外来の病院の特徴は、肥満を効率よく解消するために薬物治療を含めた総合的な治療を進めていることです。かつては、肥満というだけでは病気治療の対象とはなりませんでした。肥満の解消のための策と言えば、運動やカロリー制限などのダイエットが主流でした。しかし、苦しいダイエットを推し進めても一向に効果がないという事例も数多くありました。特に病的な原因の肥満についてはお手上げの状態でした。そのような患者を救うために設立されたのが東京の肥満外来の病院でした。肥満解消のために苦しいダイエットをするのではなく、肥満の根本的な原因を探ることで、治療効果を上げています。

無理なく体重を減らす

肥満外来の病院については、一種の誤解も生じています。ダイエットのための苦しい食事制限や激しい運動を強いられるのではないかという懸念です。しかしながら、これらは噂にすぎません。確かに食事の指導や体を動かすことへの啓発は行っていますが、治療の殆どは薬物によることが多いのです。用いられる薬については、漢方を主体とするものが殆どで、体への悪影響はまずありません。他の病気を治療中という人も安心して受診できます。肥満イコール病気という捉え方は、まだ浸透していませんが、今後は肥満を病院で治すことが主流となる日も遠くないと思われます。肥満外来の病院は、東京以外の地域でも増加しつつあります。自分に合わないダイエットをするよりも、病院を訪ねる方が、はるかに効果的と言えます。